五十嵐ゆいさんとのプレイレポート in きゃんでぃドロップス

どうも!M格闘のメジャー化を図る男、M獣の王です!

本日は五反田のきゃんでぃドロップスにて、五十嵐ゆいさんとプレイして参りました。

五十嵐ゆいさんと言えば、驚異のバスト172㎝!IZMのDVDにも出演されている有名女優さんです。

以前から存じ上げてはいたのですが、今回ようやくお会いする事ができました(^^)/

率直な感想ですが、プレイもトークもとても楽しかったです。

ではレポートに参りましょう!

【体験レポ 五十嵐ゆいさん編】

本日もプレイホテルはブルーシャトーを利用したのですが、満室だった事もあり、初の洋室を利用しました。

なんとなく和室が良くてずっと和室だったのですが、入ってみると洋室もかなり広くて使いやすいです!

また、和室はユニットバスでしたが、洋室は分かれていたので使い勝手が良かったです。

五十嵐さんが到着してから、まずは自己紹介と希望プレイのお話し。

この時間は何度経験してもいつも恥ずかしいんですが、なぜか色々と恥ずかしくなく伝えられました。

滲み出ている安心感と言いましょうか。

本当に話しやすい女性でした。

プレイが始まると、まずはキス&顔舐めから。

ベッドの上に長座の状態になり、五十嵐さんがその上に乗って向き合います。

目が合っただけで照れてしまいました(^^;)

そこからの「あごクイ」であごを上げられると、優しさと激しさの入り交ざったキス・・・。

無理にイヤらしい音を立てるのではなく、自然に唇に吸い付きながらの唾液音がとてもセクシーです。

柔らかい唇がM獣の王の唇、頬、鼻に吸い付き、丁寧にちゅぱちゅぱと舐め上げます。

なめらかな舌触りがたまりません!

M獣の王(なんて気持ちのいいキスなんだろう・・・)

キスと顔舐めだけで腰砕けになってしまうのではと思う程の気持ち良さと心地良さ!

病み付き間違いなしです!

次回はもうちょっと長い時間にして、キスももっと楽しもうとこの時点で決心しました(^^)

ここから圧迫開始です。

最初に下着の上からの胸圧迫。

谷間が目の前にある幸せ・・・。こんな大きな胸の谷間を目前で見る機会など人生で早々あるものじゃありません!

そして予期せぬ嬉しいシチュに導かれます。

五十嵐さんがブラホックを外すと、ブラの下に顔を導かれ、おっぱいとブラの間に顔を挟まれました。

ブラとおっぱいに挟まれる圧迫なんて想像していませんでしたが、おっぱいに囚われたような感覚になり、夢のような空間です。

続いてベッドに横になると、あらわになった大きなおっぱいが目前に広がります。

ふわふわで気持ちのいいおっぱいに顔を包まれます。

そして乳首に見入っていると、五十嵐さんから汲み取ってくれたように「舐めたい?」と言ってくれました。

M獣の王「はい、舐めたいです。」

記憶している限りなので定かではないのですが、乳首舐めたの人生で初めてかもしれません。

柔らかくてまろやかな舌触りです。

そして乳首を舐めながら胸で思い切り圧迫されます。

心地良さと苦しさの融合です。

更に今度は下乳の裏側での圧迫!!

五十嵐さん「おっぱいの裏って凄い汗かくんだよね~。」

その通りに乳裏は汗でびっしょりでした。

汗フェチ、臭いフェチにはたまりません!

びしょびしょの汗を顔に刷り込まれながらの圧迫!!

続いて腹圧迫。

大きくて柔らかいお腹と言うのは、意外と隙間なくすっぽり埋まってしまうんです。

完全に呼吸を防がれた状態での圧迫。最初はとても気持ち良いのですが、顔を動かしても埋もれた状態から逃げ出せず、手足をジタバタさせていると、しばらくしてようやく解放されました。

この「窒息死するもしないも女性次第」という追い込まれ方が癖になってやめられません(笑)。

ワキ圧迫もまたワキ汗を顔に刷り込まれながらの圧迫です。

左右両方のワキを交互に圧迫されながら

五十嵐さん「どっちが臭う?あ、これじゃ息できないからわからないか(笑)」

と弄ばれながら、オープンになったM獣の王の乳首を攻めてきます。

器用に指先をチロチロ動かして刺激してきます。

更には舌でぺろぺろと舐め上げられます。

苦しいのと気持ち良いのが同居する攻めはたまりません!!!

最後の圧迫は尻圧迫。

そおいえば顔騎自体久しぶりなところでしたが、これでもかという位思い切り体重をかけられ、顔が潰れるかと思いました(笑)。

尻圧迫は全体重が一点顔面に集中するので、一番辛い圧迫です。

五十嵐さん「苦しいの?」

M獣の王「ん――――――――!」

五十嵐さん「大丈夫だよ。」

とあっさり無視されてしまいまいした(笑)。

顔騎されている時は「もう本当に許して下さい!」という程追い込まれるものですが、それが癖になってやめられないんですね(^^;)

そこから尻舐めをさせてもらったところで5分前タイマーが鳴りました。

五十嵐さん「何かやり残した事ある?」

M獣の王「えっと・・・恥ずかしいです・・」

五十嵐さん「良いよ、言ってごらんよ。」

M獣の王「汗を舐めたいです・・・。」

五十嵐さん「良いよ!私首のところよく汗かくんだよね。」

と、まずは首筋の汗を舐めとりました。

そこから下乳の裏、ワキ、背中と舐めさせていただきました。しょっぱくてとても美味しかったのと、今まであまり舐めたいと言えなかった部位を舐めさせていただいたので感動しました。

最後のメインディッシュは聖水です!

今回は驚愕と感動が生まれました。

いつも通り一般的なカフェのLサイズ程度のコップを持参。

コップ飲みをするのですが、なんとコップが満タンになり、一部こぼれてしまいました。

五十嵐さん「まだ出そう!」

との事なので、急遽もう一つコップを取り出しました。

そのコップにも半分は溜まり、コップに合計一杯半!

一回の聖水でここまで出して頂いたのは初めてでした。

なんと五十嵐さん、朝からトイレに行かずに溜めてきてくれたそうです。

ありがたすぎます(´;ω;`)ウゥゥ

真っ黄色の濃厚聖水がコップに1杯半!感動の光景です。

写メ取ればよかったORZ

さあ、感動してばかりもいられません(笑)!

なんといってもこれを全部飲まなくてはいけないのですから(;’∀’)

これまで常に聖水は完飲してきましたが、果たして・・・

後頭部を抑えられながら、グビグビと飲まされていきます。

聖水を飲んだことのある方はわかると思いますが、飲みながらも身体は反射的に出そうとするんです(笑)。

それを抑えながら必死に飲みます。

三分の二程飲んだところできつくなり、一回コップから口を外しましたが、すぐに再開させられてしまい(笑)、なんとか飲み干しました。

普通ならここで終わりですが、まだもう一つのコップがあります(笑)。

正直なところもうこれ以上はキツイという状態でしたが、そこはM根性(笑)。

五十嵐さんも容赦なく口に流し込んでくれるので、反射的に吐き出そうとする身体の反応を押し殺しながら、なんとか完飲しました。

なんという達成感!

また飲ませて頂きたいです(^^)/

ここでちょうどタイムアップ!

プレイ後も着替えながら、M格闘や業界活性化についてお話させて頂きました。

プレイもトークも本当に最高に楽しかったです(^_-)-☆

今度はもう少し長い時間でお会いしたいなと思いました!

ではではまた次回!

Let`s M格闘!& Let`s 圧迫プレイ!

by M獣の王

twitter:@mjuunoou

4件のコメント

  • やました

    以前の記事で、洗ってない嬢の尻を舐めたと書いてありましたが、体調は崩されませんでしたか?
    O157などが気になってそういうところになかなかいけません。

    • mjuunoou

      やましたさん、初めまして。
      コメントありがとうございます。
      読んで下さって嬉しいです!

      自分が各記事内に書いている「お尻を舐めている」シーンは、全て洗ってないお尻です(^0^;)

      そして自分はそこまで胃腸が強くはありませんが、今のところお尻舐めと聖水ではお腹を壊した事はありません。

      もちろん保証の限りではありませんが、一説では菌などは摂取量で体調が変わるそうなので、健康な方のお尻に付着している菌の量ではお腹は壊さないのかなと思っています。

      同じ性癖を持つものとして、やましたさんにも体験しないで後悔してほしくない思いはありますが、「大丈夫ですよ」と言ってしまったら無責任になります。

      あとは気休めかもしれませんが、念のためにプレイ前後に飲むヨーグルトなどは飲んでます。

      ただし、黄金となるとその量から体調を崩すケースはあるようですね。

      自分は黄金摂取も視野に入れてるので、腸内環境整備や免疫力向上を学び、現在対策中です。

      事前対策を最大限行う事で、リスクは最小限に出来ると考えています。

      長々とすみません。
      参考意見となれば幸いです。

  • ヘクトパスカル

    初めまして。
    近日中にきゃんでぃドロップスを利用しようと思っています。
    今までにM獣の王さんが入られた五十嵐ゆいさんや南ショコラさんのワキ臭はどんな感じでしたか?
    私は臭いフェチなので、情報知りたいです。
    ちなみに、みみさんとえみりさんは無臭でした。

    • mjuunoou

      初めまして!コメントありがとうございます。
      ワキ臭に関しては、個人的には無臭だと感じました。
      自分も臭いフェチですが、臭いが強いと感じる方は意外と少ないように思います。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)