アリアさんとのプレイレポート Part2 in きゃんでぃドロップス

どうも!M格闘のメジャー化を図る男、M獣の王です!

本日きゃんでぃドロップスのアリアさんと2回目のプレイをしてまいりました。

前回のレポートはこちらです↓

アリアさんとのプレイレポート in きゃんでぃドロップス

いや~今日もきつかった(笑)。終わった後は顔面がヒリヒリズキズキでした(笑)。

明日は顔面筋肉痛決定です(笑)。

前回以上にパワーアップした圧迫攻撃の連続に、これ以上ないくらいぐったりしました(;・∀・)

アリアさんの圧迫攻撃の完成度の高さは本当に素晴らしいです!

ちなみに、アリアさんとプレイされた方で当ブログを読んでいただいた方が多数いらっしゃったとの事で、大変ありがたいです!

ではレポートに参りましょう!

【体験レポ アリアさん編】

今回も毎度おなじみのブルーシャトーでのプレイです!

真昼間の13時からプレイ開始!

アリアさんが到着すると、「お久しぶりです~!」と笑顔で挨拶してくれました。

前回も書きましたが、本当に笑顔が素敵で、純粋な可愛らしい女性です!

今回も希望プレイはこちら↓
・圧迫プレイ(胸、腹、尻)
・臭いプレイ(即クンニオプション有)
・聖水(きゃんでぃドロップスではオプション名「放尿」となっております)

前回とそれほど変わりませんが、マイナーアレンジも加えました。

圧迫を「尻重視」と書いていたのですが、後程それが原因で瀕死になるとは知る由もありませんでした(笑)。

プレイ開始から非常に礼儀正しいアリアさん。

アリアさん「どうぞ!」

とベッドに招かれ

アリアさん「最初から思いっきりいっちゃって良いんですよね(^^)」

M獣の王「はい!」

横になった途端アリアさんの胸が降ってきました!

柔らかな感触にしばし酔いしれます。

しかしウォーミングアップはここまで!

立て続けに大きなお尻が降ってきます。

キター!!

と喜んだのも束の間。

お尻に顔がすっぽり包まれたかと思うと、言葉通り最初からエンジン全開で上下ジャンプするように思い切り身体を揺らすアリアさん。

全身がグワングワン揺れます。

M獣の王「ン――――――――――!!!!」

いきなりの衝撃に面食らいました!!

そのまま完全密着!!

お尻と顔の隙間は1mmもないかのような密閉感です。

圧力、重さ、窒息の三拍子で全く呼吸が出来ず、早くも必死に呼吸の出口を探します。

お肉を必死にかき分けようやく口で少し息が出来ました。

M獣の王「はぁ・・はぁ・・」

アリアさん「なんで逃げるんですか~!」

そしてM獣の王が動いた方に身体を動かし、確保した呼吸スペースが無くなりました。

真上からダイレクトにかかってくるお尻の圧に耐えられず、再び必死に出口を探し、わずかな空気を取り込みます。

M獣の王「スッ・・フッ・・」

本当に一瞬の呼吸ですが、アリアさんは見逃しません。

アリアさん「逃げちゃだめです~!」

めちゃくちゃ丁寧な言葉づかいでハードに攻めるギャップがたまりません!

逃げても逃げても隙間を埋められてしまい、恐らく開始5分程度でしょうが、ようやくお尻から解放された時には既にぐったりして動けませんでした(笑)。

前回から約2ヶ月、完全にパワーアップしておりました!

次は向きを変えて、股間での圧迫!!

股間と太ももで密閉され、こちらも全く息が出来ません!

M獣の王「ン――――――――――――――――――――――――――――――――――!!!」

ワンパターンになりますがほんとにこれしか声が出ないんです(笑)。

顔面騎乗のDVDを見てると「ウンウンうるさいなー男優は。」とか昔は思ってましたが、実際に顔面騎乗されるとウンウンうなるしか無いことがわかります(;・∀・)

そして呼吸を確保するため必死にお肉をかきわけようとしますが、なんとアリアさんの脛の部分でM獣の王の腕を抑えつけられてしまい、完全に動きを封じられてしまいました・・・・。

必至に顔を動かし出口を探します。

一瞬呼吸してはすぐに密閉されという繰り返しに、早くも限界を感じ始めていました。

続いて腹圧迫!

柔らかくてフカフカのお腹に乗られ、とても気持ちいいです。

しかし気持ちよさに酔いしれているとダンダン息が苦しくなり、またもや必死にお腹のお肉をかき分け酸素を求める事に!

M獣の王「ぷはぁ!!・・・・ウっ・・・・ぷは!・・・・ウっ」

いくら隙間を作ってもすぐに密閉されてしまうため、満足に呼吸が出来ない状態が続きます。

休む間も無く再びお尻が降ってきます。

大きなお尻が降ってくるときの光景は絶景です!

しかし降ってきたら最後、窒息地獄が待っています(笑)。

お尻での圧迫が最も全体重を受けるので、顔が痛くて苦しくて・・・(;・∀・)

あまりの苦しさに思わずタップします。

しかし・・・

アリアさん「ギブ無視で良いんだよね~(笑)。」

はい、M獣の王ギブ無視で良いって言いました。

M獣の王「ギフえふー(ギブですー)!」

必至に隙間を作って訴えるも、あっけなくアリアさんのお尻に封じ込められてしまいます(笑)。

アリアさん「前よりギブ早くないですか~(笑)?」

と涼しげに笑っているアリアさん。

M獣の王「くーひ―(苦しい)!」

無駄だとわかりながらも必死に訴え続けます(;・∀・)

今度は太ももに顔を挟まれます。

某豊満DVD専門メーカーのブログで、「これ見た目はきつそうですが実はそうでもないんです」的な事が書いてありましたが、そんな事ありません。

顔を69絞めのような形で挟まれ、圧迫されます。

気のせいか?一瞬顔の骨が「メキッ・・」って言いました(笑)。

M獣の王「フ――――――――ッ!!!ス―――――――――!!!!」

太ももの隙間から必死に呼吸をします。

もうこのまま顔がぐちゃって潰れるんじゃないかと思いました(;・∀・)

再びお尻が降ってくると

アリアさん「ほらお尻綺麗にして~!」

と洗っていないお尻の穴を舐めさせられます。

お尻のお肉をかき分け、必死に舐めまわすM獣の王。

アリアさん「汗かいたからこっちもね!」

今度はワキです。

汗でベトベトになったワキに顔を埋めさせられ、汗を舐めとりました。

ワキフェチにとっては体格の良い女性の大きくて広い汗だくのワキに顔がスッポリ包まれる感覚はたまりません!

ワキフェチさんは是非体験してみて下さい!そこにワキのロマンがあります!

更に今度はアリアさんM獣の王のお腹の上に座ります。

そのまま上下にグワングワンジャンプされ、身体が砕けるんじゃないかと思いました(;・∀・)

M獣の王「ウッ!!!・・・・・フグッ!!!・・・・グワッ!!!」

ジャンプに合わせてうめき声が出ます。

レパートリー豊富な様々な圧迫でM獣の王の体力は極限まで削られていきました。

解放されても動く気力がありません(笑)。

圧迫三昧でぐったりしたところで聖水タイム。

量は少なめでしたが、濃厚な色合いでした。

アリアさん「疲れたところにこれは毒だね~(笑)!」

ためらいながらも一口で飲ませて頂きました。

やはり見た目通り濃厚でした!しょっぱすぎてやや苦みすら感じる程!

M獣の王「濃いです・・・」

そして今度は今回マイナーアレンジでオーダーしていた圧迫プレイです。

アリアさん「そお言えばまだこれやってなかったね~!」

足裏でM獣の王の腹を踏みます!

グギュ――――――――――――――!!!っと信じられない圧力がかかります。

M獣の王「グガァ・・・・・フグゥ・・・・」

文字通りお腹と背中がくっついてしまうんじゃないかと思う程の圧力です。

グギュー――――――――――――――!!!!

M獣の王「グ―――――――――――――ッ!!!」

日々それなりにトレーニングは積んでいるつもりですが、アリアさんの足裏の圧力に腹筋はなんの役にも立ちませんでした。

アリアさん「全然力入れてないんだけどな~(笑)。」

え――――――――――!

これで全然力入れてなかったら、もしお腹の上に思いっきり立たれたら絶対内蔵潰れます(;・∀・)

何度も足裏で踏まれ、ひたすらうめき声を上げていました。

さらにお腹の上で体操座りをしてもらい、両足裏は顔の上に乗せてもらいました。

足裏で顔をこねくり回され、体重のほとんどはお腹にかかっていたので、全く動けません。

M獣の王「フゴッ!フゴッ!」

もう文字通りフゴフゴするだけです。

顔を覆う足の大きさもまた魅力なので、足裏フェチさんも是非お試しあれです。

ようやく解放されたその後も圧迫は続きます。

解放されてもやはりグッタリ状態でもう動けません(笑)。

そしてM獣の王がプレイ前に渡した希望プレイ用紙を見ながら、

アリアさん「お尻重視って書いてあるよね~!」

プレイ開始から何度お尻の下に埋まった事でしょう。

レポートに書いている以上に何度も何度もお尻の下に埋まっております。

既に限界を超えても尚容赦なくお尻で圧迫されます。

M獣の王「くーひ――(苦しいー)!」

アリアさん「え?何?聞こえない(笑)。」

M獣の王「クーヒーエフー(苦しいですー)!」

アリアさん「聞こえないよ~(笑)!」

もうリアルに死にそうでしたが、許してもらえません(;・∀・)

強烈なお尻の圧力で、鼻や頬骨が痛くて悲鳴をあげます。

M獣の王「プハァ!!・・・・ウッ!!・・・・プハァ!・・・・・ウッ!!」

隙間を作っては一瞬息継ぎするも、アリアさんはポジション移動が絶妙で、お尻の下から逃がしてくれません。

逃げたら逃げた方にお尻がついてきます(笑)。

大きなお尻が大好きなM獣の王も、お尻に恐怖を抱き始めていました!

そして少しの休憩が与えられました。

アリアさん「じゃあちょっとだけ休憩です!」

ベッドの上でグッタリして転がるM獣の王。

M獣の王「顔が痛いです(苦笑)。」

と言っていると、なんと・・・

アリアさん「じゃあ顔が下なら良いんだね(笑)!」

そのままプレイ再開で、腹ばいに寝ているM獣の王の背中の上にドカッと座るアリアさん。

この状態での圧迫は初めてです。

更に足裏で腕を抑えつけられてしまい、完全に動きを封じられてしまいました。

M獣の王「う・・動けません・・・!」

アリアさん「当たり前です(笑)!動いちゃだめです!」

本当に微動だに出来ず、ある意味この体勢が最も全身の動きを封じられた姿勢だったと思います(;’∀’)

もし時間無制限でこの状態だったら、一切動けないまま衰弱しきると思います(笑)。

程なくしてどいて頂いたかと思うと、再び足裏でお腹を踏まれます!

お腹踏まれるのとかほとんど経験が無いのですが、大きな女性に踏まれると本当にキツイです(笑)。

M獣の王「グガァ・・・フゴォ・・・・ガガッ・・・・」

腹筋にいくら力を込めても一瞬で潰されてしまいます・・・。

そして再びお腹の上に座られ、グワングワン身体を上下に揺らすアリアさん。

お腹の上から胸の上にも移動し、何度もジャンプします。

M獣の王「グワッ!・・・・ウワッ!・・・クワッ!」

当然逃げる事など出来ず、全ての圧をただ受け入れるのみ・・・。

体力ゲージは限りなく0に近くなってきています。

フラフラになったM獣の王を見て、

アリアさん「あと何しましょうか~?」

M獣の王「お尻はもう顔が痛いんで・・・胸系でお願いします・・・。」

グッタリしすぎて弱音が出てしまいました(;・∀・)

アリアさん「胸系ね(笑)。」

大きな胸の谷間に顔を埋め、さらに片乳ずつの圧迫!!

程よく苦しく柔らかな感触に酔いしれます。

しかし・・・

攻め所を心得てらっしゃいます!

しばらく胸で気持ちよくなっていると、再びお尻が降ってきました。

M獣の王「もうむひへふー(もう無理ですー)!」と言うM獣の王などお構いなしに顔面はアリアさんのお尻の下にスッポリと包まれます。

必死に逃げるも、逃げた先でまた圧迫され、顔と首がメキメキ言います。

特に息継ぎのために顔を横に向けた状態で潰されてしまった時はもう首が潰れるかと思いました(笑)。

声も出せず必死に手でタップ!!!

で、それをするとすぐに手を抑えつけられてしまいます(笑)。

アリアさん「ギブですか?ちゃんと口で言ってください!」

M獣の王「ヒフエフー(ギブですー)!」

アリアさん「ちゃんと言って下さい(笑)!」

M獣の王「クーヒーエフー(苦しいですー)!ヒフヘフー(ギブですー)!」

この辺りでようやくタイマーが鳴りました。

アリアさん「あ、ちょうど時間になりました(笑)。」

完全にノックアウト状態のM獣の王。

圧迫や顔面騎乗でここまでグッタリしたのは初めてと言っても過言ではありません。

ベッドに横たわるM獣の王をタオルで仰いで介抱してくれるアリアさん。

この優しさと笑顔、そして容赦ない攻めのギャップ!本当に最高ですよ(^^♪

後で鏡を見ると鼻の周りが赤くなり、顔中擦れてヒリヒリし、頬や口周りの筋肉が疲弊しておりました(笑)。

【総評】
今回も前回以上に素晴らしい圧迫プレイでした。
本当にもう限界!って何度も思いましたが、限界のその先を引き出してもらえるのもプレイの醍醐味です。
圧迫の強度、様々な体位での圧迫、優しい性格と強烈な攻めの飴と鞭的ギャップ!
圧迫フェチ、顔面騎乗フェチの方は体験必須です(笑)!
M獣の王も体力とスタミナを更につけてまた圧迫されたいと思います!
また、プレイ後はアリアさんの方から「ありがとうございます!」と両手で握手してくださり、最初から最後まで見習いたい程礼儀正しく好感の持てる女性です。

アリアさんが所属する「きゃんでぃドロップス」さんのHPはこちらです↓
http://candi-drops.com/home/

※圧迫プレイはご自身の体格や耐久力、体力を考慮してプレイする事をお勧めします。
肋骨など弱い部分は骨がやられる可能性もあります。
圧迫プレイを思い切り楽しみたい場合は、トレーニングである程度筋肉の鎧をまとうなどしてプレイする事が望ましいと思います。

ではではまた次回!

Let`s M格闘!by M獣の王!

twitter:@mjuunoou

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)