京香さんとのプレイレポートPart2 in SPANKY(スパンキー)!

どうも!M格闘のメジャー化を図る男、M獣の王です!

本日久しぶりにガッツリM格闘してまいりました!

お相手した頂いたのは、SPANKYの京香さんです。

京香さんとのプレイは今回が二回目で、前回のレポートが以下になります↓

京香さんとのプレイレポート in SPANKY(スパンキー)

気が付けば7ヶ月振りでしたが、もっと早くまた会いにくればよかったと後悔する程最高のプレイでした。

ではレポートに参りましょう!

【体験レポ 京香女王様編Part2】

今回も新宿で御用達のホテル「松月」に入りました。

古風な内装ですが、広さと床が畳なのでダウンしても安心です(笑)。

ホテルに入り、セッティングを済ませて電話をすると、すぐに到着してくれました。

京香さんは本当に明るくて、笑顔がとても素敵です。久しぶりに会ったとは思えない程楽しく雑談しました。

そしてマジで!美人です!スタイルもとてもセクシーで文句の付け所がありません。

M獣の王の言っている事に一切の誇張が無いことは、会いに行けばわかります(^^)

<本日のプレイ内容一覧>

①後ろ手拘束
②腹パン、膝蹴り、回し蹴り
③ワキ汗攻め
④履きっぱなしパンティーの臭い攻め(有料オプション)
⑤絞め技
⑥顔面パンチ
⑦顔面唾まみれ

プレイ開始からの終始後ろ手ガムテープ拘束はもはや恒例となっております。

そしてまずは京香さんに総合用グローブを付けて頂き、腹パンからスタート!

京香さんの右アッパーが腹に食い込みます!

角度は抜群です。

ボグッ!ボグッ!

と音を立てながら、何発も撃ち込まれます。

時折ストレートも混ぜながら。

そして延々と撃ち込まれるとずっと腹に力を込めてる事が出来ないので、時々緩めた所にパンチが入ります。

M獣の王「フゲッ!!」

京香さん「なんか声出てるよ(笑)!」

なんて笑いながら一切緩める事無く殴られ続けるのです。

女性によって色んなパンチの質の方が居るのですが、京香さんのパンチは「痛気持ちいい」感じなんです。

表現するのが難しいのですが、嫌な痛さでなく、気持ちいい痛さなんですね。

しかし延々と腹パンをするも・・・

京香さん「なんかパンチだけじゃ物足りなくなってきちゃったな~!膝も良いんだよね(笑)!」

京香さんの美しい脚から膝が繰り出されます。

ドスッ!!!

M獣の王「フッ!」

ドスッ!!!ドスッ!!!!ドスッ!!!!

M獣の王「フッ! グッ! ウッ!」

一発ずつ声がでてしまいます。

しかも、勢いからつい身体が少し浮いてしまうんですが、京香さんはそれを見逃しません!

京香さん「なんかちょっと後ろに飛んで逃げてるよね(笑)!ちゃんと食らってないでしょ!」

M獣の王「いや・・その・・勢いで・・」

言い訳は通用しません。

M獣の王が動かないように肩を手で押さえられ、逃げられないようにして膝を打ち込まれます。

ドスッ!!!ボグッ!!!ドスッ!!!ガスッ!!!!

容赦なく連打で撃ち込まれ、ダイレクトに受け止める事になりました。

さすがに少し効き始めたところで、今度は回し蹴り!

ベチッ!!!

京香さんの脛が腹を捉えます。

膝!腹パン!蹴り!を織り交ぜ、ひたすら腹攻め!

冷房の効いた部屋も暑くなってきて、京香さんも汗だくになってきました。

京香「あ~超熱いんだけど(笑)!」

と言いながらタオルで身体を拭き始めた途端に

京香さん「あ、ここで拭けば良いんだ(笑)!」

汗だくのワキの下に顔を埋めさせられてしまいました。

美女のフェロモンたっぷりのワキの臭いに興奮してしまいました。

そのままドラゴンスリーパーのような体勢で、ワキに顔を埋めた状態で腹パンされます。

このシチュエーション最高でした!次回も絶対お願いします(笑)。

両ワキの汗をたっぷり顔に染み込ませられた後、乳首攻めが始まりました。

京香さんの指先が両乳首を刺激し始め、更に耳に息を吹きかけられます。

この乳首と耳のコンボは最高です。

格闘の事をつい忘れてしまう瞬間。美人に見つめられながら乳首攻めされるんですから、当然です。

次の瞬間ボディに衝撃が走ります!!!

M獣の王「フオォォォォォ!!!!」

悶絶です。

京香さん「今お腹超柔らかかったけどどうしたの(笑)?」

悶絶中のM獣の王をよそに笑いながら問いかける京香さん。

はい、快楽攻めで完全に力が抜けてしまい、その瞬間に鳩尾にもろにパンチが入りました。

さすがタイミングをよくご存じです!

そして・・・

京香さん「そろそろ嗅がせちゃおっかな~!」

そうです。今回オーダーしていた履きっぱなしパンティーの事です。

プレイ中も履いておられますから、さぞかし蒸れているのでしょう。

京香さん「しかも生理だからね!一番強烈時に予約してきたよね(笑)!」

更にM獣の王の口にテープを貼り、鼻でしか息が出来ないようにされてしまいます。

パンティーを脱いだ京香さんは、汗で蒸れたパンティーをM獣の王の鼻に押し付けます。

そしてそのまま臭いの一番強い部分が鼻に当たるようにして、頭からパンティーを被せられてしまいました。

鼻でしか呼吸出来ないので、ダイレクトに京香さんの匂いが入ってきます。

汗の臭いが入り混じったセクシーな香りに包まれ、放心してしまいました。

そして腹パンが続行されます。

腹には打撃を食らい、鼻からはパンティーの臭いという非日常的な景色。

更にそこから絞め技へと移行です。

まさかの頭からパンティーを被ったままスリーパーや太もも絞めを受けます。

恥ずかしさと嬉しさが入り混じりながら絞め上げられてい行きます。

両腕を拘束され、頭からパンティーを被せられ、そのまま絞め落とされたら最高の屈辱的興奮を抱けそうです(笑)。

今回も偶然失神したのはOKで、強制失神は無しでという事にしました。

すると京香さんから「偶然を装って落としちゃえばいいだよね~(笑)!」と言われてしまいました(笑)。

最初にスリーパーで絞めて頂きましたが、京香さんの絞め技は本当に綺麗に決まるので、スーッと身体から力が抜け始めた瞬間に慌てて脚でタップしました。

あと1秒遅かったらタップする力も無くなり、3秒遅かったら落ちたと思います(笑)。

更に太もも絞め、首四の字も受けましたが、包まれた瞬間は最高に気持ちいい太腿が、力を入れた瞬間に意識が遠のき始めるので、何度も慌ててタップしました。

絞めの気持ちよさも本当に抜群です。いつかは必ず絞め落としも受ける予定です。

絞めの後は顔面パンチ。

眼のダメージも考慮し、マウスピースとフルフェイスギアを装着し、今回はスタンドでの顔パンでした。

京香さんにはボクシンググローブを付けて頂きました。

京香さん「じゃあ行くよ~(笑)!」と満面の笑みです。

そしてここからフックを中心とした左右のパンチを延々と受けました。

数えてはいませんが、少なく見ても50発以上、感覚的には100発は受けた感じです。

一発一発が重く、打たれる度に鈍い音が響きます。

特に右フックは強烈で、後ろ手拘束でバランスが悪いとは言え、身体がのけ反りました。

格闘技経験が無いとは思えないパンチ力です。

打撃を本格的に習ったらどうなってしまうんでしょう(;’∀’)

しかも、打つ前は満面の笑みの京香さんも、打つ瞬間だけは目がマジだと感じました(笑)。

ダウンこそなんとか免れましたが、最後の方は首と頭が痛くなって限界でした。

格闘技の練習でもこんなに顔面を殴られ続ける事は絶対無いので、頭がおかしくなりそうです(笑)。

でも止められないのがM格闘家の性・・・(;^ω^)

続いて顔面騎乗しながらの腹パン。

これがマジで効くんですね。

立ってる時と違い、威力を逃がす事が出来ません。

顔を塞がれボディーに何発もパンチを受けていると、胃液が逆流しそうでした。

最後は寝たまま上から顔面に唾をはきかけてもらいました。

京香さん「プッ!!ペッ!!!!
     ちょうど鼻にかけられるようにしたいな~!」

最初は顔中に散らばった唾が、だんだんと鼻に集まってきます。

京香さん「ペッ!!プハッ!!!
     だんだん狙いが定められるようになった(笑)!」

鼻の穴に集中砲火です。

あまりにも唾が多すぎて、顔から垂れ始めてきました。

京香さん「顔中超唾まみれだよ~(笑)!顔に収まりきらなくなって垂れてきてるじゃん(笑)!」

何十回顔に唾を浴びたのでしょう。

自分では見えなくても顔が唾で埋まっていくのがわかります(;・∀・)

そして時間終了と共に顔中に散らばった唾を顔全体に塗りたくられてしまいました。

プレイが終わり、部屋の原状復帰をしている時に鏡を見たのですが、自分で想像していた以上に顔面が唾でヌルヌルになっていました(笑)。

ここまで唾まみれだったなんて・・・感激してしまいました!

もちろん、「思い出は洗い流さない」「家に帰りブログを投稿するまでがプレイ」と思ってますので、唾まみれのまま帰宅したのは言うまでもありません!

最後はオプションのパンティーをジプロックに入れて頂きました。

もちろん持ち帰った後は思い出しながら・・・大切にご利用させて頂きました。

以上でレポートを終わります!

前回の記事にも書きましたが、京香さんとのプレイは我がブログのキャッチコピーである「強くて可愛い女の子にボコボコにされたい」をリアルに体現していただけました。

殴られ、蹴られながらも「あ~今綺麗なお姉さんに殴られてる~!」と思いながら楽しめます。

今回は「台詞」よりも状況の描写が多くなりましたが、プレイのハードさと楽しさが伝われば幸いです。

ではではまた次回!

Let`s M格闘!by M獣の王

twitter:@mjuunoou

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)