あやめさんとのプレイレポートPart2 in SPANKY(スパンキー)!

どうも!M格闘のメジャー化を図る男、M獣の王です!

今回はSPANKYのあやめさんに久しぶりに会いにいきました!

前回のレポートはこちら↓

あやめさんとのプレイレポート in SPANKY(スパンキー)

最近あやめさんがお店のブログで「噛み付き」の画像を披露していたので、自分も噛まれたくて行ってきたのです(*^^)v

しかし・・・

M獣の王、M格闘初のマジ泣き(笑)。

今までも半べそみたいなのはありましたが、今回は本当に小学生みたいにビービー泣きました(笑)。

そんな壮絶な噛み付きプレイとは・・・

【体験レポ あやめ女王様編】

※一部壮絶な内容も含まれますが、「ギブ無視」など予め合意があっての強要プレイになります。
どの程度ハードに行くのかなどは事前に相談して決めていく事が大切です。

さて、上記の通りブログを見て噛まれたくて噛まれたくて!歯形だらけになりたくて!仕事や日常に影響が出ても良いから噛まれたくて、最初は「過去最高数の噛み後をお願いします」なんて言ってました。

そして現在スパンキーでは、女王様の私物ビキニをコスチュームに選べるイベントを行っていますので、あやめさんの私物ビキニをお願いしていました。

あやめさんのビキニは白のビキニで、ビキニの形状に関しては知識が無いので上手く説明出来ませんが、一般に思っているビキニと違い、かなりオシャレな形でした。
一見の価値ありですよ!

そして着替える時、

あやめさん「着替えるから後ろ向いてて!」

M獣の王「はい!」

あやめさん「今振り向いたら歯抜ける程顔殴るからね!」

M獣の王「は・・はい・・!」

始まる前からモードチェンジして演出してくれるところが嬉しいです。

あ、殴られたいからって振り向いたら絶対駄目ですよ(^^;)
そこはプレイではありませんから。

プレイ開始からは、まず恒例の「腹パン」からスタート。

後ろ手に縛られ、壁際に押し込まれながらひたすら打たれる。

ドスッ!!

M獣の王「うぐっ・・・」

そうなんです。あやめさんは細身であり、格闘技経験は無いのですが、妙にパンチが重いんです。

ボグッ!!ガスッ!!

M獣の王「ふぅ・・・めっちゃ痛いです・・・」

あやめさん「そう?ありがとう💛」

笑顔でパンチを続けるあやめさん。

ドスッ!ドスッ!ドスッッッ!!!

M獣の王「フグっ・・・・・・パンチ重いです・・・」

あやめさん「うん良かったね(^_-)-☆」

そして渾身の右が鳩尾に・・・

ドゴッ!!!!

M獣の王「グ八ッ!!!」

身体を折り曲げダウン寸前のM獣の王の身体を無理矢理起こし、笑顔で打撃を続けるあやめさん。

ボグッ!ボグッ!!ボグッ!!!

あやめさんは本当にびっくりするくらい美人なんですが、その美しいフェイスと愛らしい笑顔でドSに攻めるギャップが素晴らしいです。

あやめさん「そろそろ噛もうかなー!!!」

いよいよだな!

この時は後に壮絶な痛みが走ることなど予想していませんでした。

あやめさん「💪のポーズやってみて!」

M獣の王も日々鍛錬を重ねているので、まあまあ力こぶができます。

そして力こぶを均すように舌で舐めるあやめさん。

M獣の王「(めっちゃ気持ちいい・・)」

と思った次の瞬間・・・

あやめさん「ガブリ!!!」

M獣の王「うぎゃ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――!!!!!」

これまでに経験した事の無い強烈な痛みが走ります。

M獣の王「ギャ――――――――――――!!!!痛いです痛いです!!!!!!!!!」

なかなか離してもらえない中、ようやく口を離してもらうと、くっきりとした歯形と強烈に内出血した後が残っていました。

噛み後を見て、

あやめさん「なんかこういう形の生き物海に居るよね(笑)。じゃあ次裏行こうか💛」

今度は三頭筋です。

あやめさん「グァブッ!!!」

M獣の王「ウガ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――ッッッ!!!!!!!!!!!」

バンバンバンバンバン!!!!!

必死に床をタップする。

あやめさん「うるさい!!!」

と腕を抑えられ、強烈な痛みにひたすら耐えるのみでした。

そして今度は肘の裏の皮膚の柔らかいところ。

あやめさん「ここって痛いのかな?試しに噛んでみようか?」

M獣の王「・・・はい・・・。」

あやめさん「ガブリッッッ!!!!」

M獣の王「あああああああああああああああああああ!!!痛い痛い痛い・・・・・・・・・・・・!!!!」

あやめさん「やっぱ痛いんだね(笑)。」

M獣の王「もう駄目です・・・痛すぎます・・・!(´;ω;`)ウゥゥ」

あやめさん「喜んでくれて嬉しい💛」

次は前腕です。

あやめさん「グァブッ!!!!」

M獣の王「ヴァ―――――――――――――――――――!!!!!!痛いです!痛いです!痛いです!!・・・・・・・・・!!!」

どんなに叫んでもなかなか離してくれません。

歯形どころか歯が刺さった後があります(笑)。

あやめさん「もう!うるさい!!!」

とここで口周りをガムテープで何周もグルグル巻きにされてしまいました。

ここからさらに、腹、内ももも噛まれます。

あやめさん「ガブリッッッ!!!」

M獣の王「んんん―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

いつ終わるともわからない激痛に恐怖し、涙が止まりません。

M獣の王「(´;ω;`)ウッ…ウウェ――――――――――――――――――――(泣)」

あやめさん「泣いてるの?(笑)」

M獣の王、もう子供みたいにビービー泣いております(;^ω^)

すっかり縮こまって丸くなったM獣の王の足を引きずり降ろして、肩にも噛み付かれます。

あやめさん「ゴァブリ!!!」

M獣の王「ん――――――――――――――――――――――!ん―――――――――――――――――――――――!!」

この後はタップする手と同時にテープで巻かれた口も塞がれ、声を漏らす事も出来ませんでした。

M獣の王「・・・・・・・・・・・・!!・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!」

噛み終えたあやめさんに、泣きながら必死に手を振り限界をアピール!

M獣の王「ヴゥェ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――(´;ω;`)ウゥゥ」

結局合計12ヶ所噛まれたところでようやく解放して頂きました。

こっからは唾プレイ。

顔にたっぷり唾を吐いて頂きました。

噛み付きが壮絶過ぎたので、大分マイルドな時間です(笑)。

しかし、マイルドな状態に浸っていると、全く予想してないタイミングで強烈な右ストレートが鳩尾に・・・・

ボグッ!!!!

M獣の王「グァハッ!!!」

思わず倒れこんでしまいました。

あやめさん「油断してるからだよ(笑)!」

攻め所を心得ています。

腹パンは条件反射で腹に力を入れてしまうので、一回力の入ってない状態でもろに食らってみたいなと思っていたのですが、今回それが偶然にも実現しました!

めっちゃ痛いですけど(笑)。

最後はアナル消臭と奉仕で時間終了!

妖艶な香り漂うアナルと柔らかい感触のお尻に包まれる感覚は最高でした。

いやーそれにしてもこんなに痛いのは初めてでしたね(笑)。

噛み付きに関してはまだまだ初心者のM獣の王です。

また新たな開拓と共に、レベルを上げていきたいですね(^^)

ではまた次回!

Let`s M格闘!by M獣の王

twitter:@mjuunoou

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)