南ショコラさんとのプレイレポートPart3 in きゃんでぃドロップス

どうも!M格闘のメジャー化を図る男、M獣の王です!

昨日、きゃんでぃドロップスの南ショコラさんにお会いしに行きました。

ショコラさんとお会いするのは今回が3回目です。

過去2回のレポートはこちらから↓

南ショコラさんとのプレイレポート!in「きゃんでぃドロップス」

南ショコラさんとのプレイレポートPart2 in きゃんでぃドロップス

顔騎を中心に、毎回少しずつハードルを上げながらプレイしてまいりました。

では3回目のレポートに参ります。

【体験レポ 南ショコラさん編Part3】

※全ての強要、無理強いのプレイは同意の上である事を記載しておきます。
 本当に出来ない事、嫌な事をされる事はありません。
 実際にプレイされる際はご自身の希望や体力に合わせて行ってください。

今回もホテルは安定のブルーシャトーの和室です。

五反田では他は入った事が無いのですが、広くて使いやすいホテルだと思います。

さて、3度目となる今回。前回よりハードに、前回とは違うプレイ内容も盛り込んで楽しみました。

せっかくの夏、「シャワーを浴びずに即クンニ」のオプションで、ノーシャワーの香りを楽しませて頂いたり、タバコプレイをしたり・・・。

プレイが始まる前に告げられた嬉しくもビビる事実。

ショコラさん「さっきウンコしてきたんだよね。ちょうど良かったね!」

M獣の王「そ・・そうなんですか・・。」

嬉しくもちょっとビビるM獣の王。

プレイが開始から早々始まる臭い攻め。

ショコラさん「もうほんと暑くて汗だくなんだよね。消臭しなさい!」

汗をたっぷりかいたワキをM獣の王の顔面に押し付けます。

大きなワキに顔をすっぽり包み込まれ、顔中にワキ汗を塗られてしまいます。

必至に消臭するM獣の王。

そしてベッドに押し倒され

ショコラさん「ほらお尻も消臭しなさい!」

排便後という事を思い出し、つい身体を背けようとすると

ショコラさん「何逃げようとしてんだよ!」

と足で抑えつけられます。

腹への打撃など、これまでも各所でのプレイでそれなりに耐えてきた腹筋ですが、ショコラさんが片足で踏んだだけで耐えられない程の圧がかかりました。

M獣の王「ふうぅぅぅぅぅぅ・・・無理です・・・」

ショコラさん「あれ?思い切り踏んでくださいって(希望プレイに)書いてなかったっけ?」

M獣の王「か・・書いてないです・・・。」

ショコラさん「あー書いてなかたっけ。」

と全く気に留めていない様子(笑)。

そしてついに大きなお尻が降ってきました。

両腕で受け止めるも一瞬で潰されてしまい、あっという間に顔面はお尻に埋もれてしまいました。

こうなってしまってはもはや命令に従うしかなく、必死に臭いを嗅ぐM獣の王。

更に臭いを嗅ぐだけでなく、窒息顔騎も待ってます。

両腕をバンザイの状態で顔騎され、全く身動きが取れません。

苦しさが限界に近づき、必死にばたつきます!

M獣の王「ん―――――!んんん――――――――――――――!」

ショコラさん「何?ギブアップなら手でしないと。」

手・・手は万歳の状態なのでタップできません・・・

限界寸前でようやくお尻を上げてくれるもすぐに座りなおされてしまいます。

苦しさのあまりお尻をどかそうにも動かず・・・そうこうしているうちに、ショコラさんの必殺技「尻振り顔騎」が炸裂。

「ブニュブニュブニュブニュブニュ・・・・」

映像で見る以上の衝撃です。

首から上がグワングワン揺れてしまい、体力をそぎ落とされます。

もはや抵抗する気さえも失せてしまいます。

程なくして顔騎からは解放されたものの、部屋の壁際に行くよう命令されます。

ショコラさん「ほら、また汗かいちゃった!」

と再び汗だくのワキに顔を包まれます。

ショコラさん「座りなさい!」

今度は壁際で立ち顔騎の状態での尻臭消臭です。

先ほども嗅いではいたものの、再度嗅ぐとやはりむせてしまい

M獣の王「グフッ・・」

ショコラさん「何咽てんのよ!ちゃんと嗅がないとお仕置きだよ!」

M獣の王「ス―――――!ハ―――――!ス―――――!ハ―――――!」

必死に嗅いでも

ショコラさん「ちゃんと消臭してんの?洗ってないんだから簡単には臭いなくならないわよ。」

M獣の王「ス―――――!ハ―――――!ス―――――!ハ―――――!」

ショコラさん「ほらベッド戻って!」

再びベッドの上での窒息顔騎の時間です。

M獣の王の顔は大きなお尻の下敷きに・・・・

ショコラさん「ちゃんと消臭できたの?」

M獣の王「ん―――――――――――!」

ショコラさん「返事は?」

M獣の王「ん――――――――――――――――――!」

ショコラさん「へー!話しかけてるのに無視するんだ。」

M獣の王「ん――――――!んん――――――――――!」

ショコラさん「聞こえなーい。こりゃお仕置きだな。」

顔騎で全く声を出せない状態での理不尽なお仕置きが決定しました。

ショコラさん「ほらこっち来なさい。」

部屋の角に呼び出されます。

ショコラさん「ちゃんと消臭出来ないんだしお仕置きしないとね。」

壁際で逃げられない状態のM獣の王を前に、おもむろにタバコを取り出すショコラさん。

タバコに火をつけ、吸い始めると、思い切り顔に吹きかけられてしまいました。

M獣の王「うわっ・・・!!!」

普段タバコを吸わないM獣の王。

嫌がるM獣の王の事などお構いなしに何度も煙を吹きかけられてしまいます。

更にはキスをするような形で強制的に口の中にも煙を吐きだされてしまいました。

咽ようが顔を背けようがお構いなしに、一本丸々タバコを吹きかけられ吸わされてしまいました。

そして再びお尻を突き出し、消臭を命じられます。

ショコラさん「ちゃんと手で開いて臭いを嗅ぐんだよ。出来なかったらもう一本吸わせるよ!」

もう一本吸わされてはたまらない・・・

とにもかくにも必死に臭いを嗅ぎました。

M獣の王「スーハー!スーハー!スーハー!・・・・・・」

ラストは再びベッドでの顔騎!

これまでのプレイで結構な体力を削ぎとられてしまい、もうお尻をどかそうとする力も無くなってきました。

苦しくて必死に腕でお尻を動かそうにも動かず、腕の疲労がピークになり、ぱったり腕が垂れてしまったのです。

しかしここで最後の攻めが待ってました。

「チングリ顔騎くすぐり」です。

チングリ顔騎で完全に身動きが取れなくなった状態で、お尻から股間の辺りをくすぐられます。

とんでもなくくすぐったいです!

M獣の王「ん―――フフフ!!!ん―――――!クククク!!」

くすぐりと言えば拘束状態でされた事はありましたが、身体一つで動きを封じられてくすぐられたのは初めてです。

屈辱感とくすぐったさと苦しさが入交り、体力もどんどん削がれ、なんだか新感覚を覚えます。

くすぐられ続けたところで時間終了。

久々にクタクタになったのと、今日は少し首に筋肉痛がきました(笑)。

しかし、テクニカルでレパートリー豊富な顔騎は圧巻です。

次回は「尻振り顔騎」と「あぐら振り顔騎」で徹底的に追い込んでもらう予定です。

一度DVDでも行われていたものですが、耐えられる人がおらず、プレイでもほとんどする事は無いそうです。

しかしそう言われてはM獣の王が立候補するしかありません!

日々鍛錬を重ね続けている肉体でチャレンジしようと思います!(^^)!

※重ね重ね、ハードなプレイは徐々にハードルを上げていき、ご自身の耐久力を理解した上で挑戦する事が大切です。

ではまた次回にご期待ください!

Let`s M格闘!

by M獣の王

twitter:mjuunoou

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)