凛さんとのプレイレポート in SPANKY(スパンキー)

どうも!M格闘のメジャー化を図る男、M獣の王です!

先日SPANKYの凛女王様とプレイしてまいりました。

お会いして第一印象で思ったのが、「清楚、おとなしい、優しい」の三拍子揃ったおスタイル抜群のお姉さん。

「え?女王様?こんな方が人を殴ったりできるの?」って思うほど本当におしとやかな印象でした。

しかしコスチュームに着替え、プレイが始まるとしっかりとスイッチが入る!

素晴らしいギャップをお持ちでした(^^)

ではレポートに参りましょう!

【体験レポ 凛女王様編】

今回のオーダーは
・顔面唾吐き
・腹パン&膝蹴り
・目隠し快感攻め→腹パン
・馬乗り顔面パンチ
・アナル臭攻め→奉仕

M獣の王定番のオーダーですが、今回初めて目隠しプレイを体験しました。

今回のコスチュームは「ビキニ清純」でお願いしたのですが、着替えを終えた凛さんのスタイルの良さには驚かされました。

色白で足もスラッと長く、お尻も引き締まっています。どの部位フェチでも満足してしまうと思います!

プレイが始まると恒例の後ろ手拘束から。

凛さん「まずは抵抗できないようにしないとねー!」

こっから長身を活かした上からの唾吐き!

凛さん「プハッ!!」
   
M獣の王「うわっ・・」

凛さん「パハッ!」

M獣の王「う・・・」

凛さん「汚~い!顔中ドロドロなんだけど!」

凛さんの唾は顔中に飛び散るタイプです。

いわゆる散弾唾ですね。

思った以上に顔中に広がってきます。

そのまま腹パン&膝蹴りに突入!

実は凛さんほとんど打撃プレイは経験が無いそうです。
(ビンタプレイはよく行うらしいです)

右のストレートをボンボン腹に打ち込んでくれました!

そして膝!

綺麗な角度で入ってきます!突き上げるように真っすぐ飛んできます!

打撃プレイの経験が少ないとの事でしたが、伸び白はまだまだあると思います。

長身の方はそのリーチを活かすととんでもない威力になったりしますからね(;^ω^)

そしてこっからが初挑戦の目隠しプレイ!

基本的に女性が見えないとつまらないので、これまで目隠しは一切しようしませんでした。

しかし・・・不意のダメージを食らってみたいという好奇心から、「目隠しして快感攻めで脱力させたところに攻撃してください!」
とか言っちゃったんですね(笑)。

凛さん「何されるかわかんないねー(笑)。」

目隠しはやってみると思ったより怖いです(^^;)

つい身体がびくびくしてしまいます。

凛さん「何おびえちゃってんの(笑)。」

ここで凛さんの乳首攻め開始。

強弱をつけた絶妙な力加減で乳首を手で弄んできます。

凛さん「こんなに乳首立っちゃって恥ずかしいね。」

更にここから身体を密着させた状態での「耳フー」攻め。

M獣の王「ハウゥ・・・」

吐息まで強弱をつけてくるので、とろけそうになります。

そして今回初めて気づいたのですが、耳フーと同じくらい「耳裏フー」は効きます(笑)。

気になる方は是非試してみてください!

ここで思いっきり脱力させられた状態でのいきなり腹パン!!

M獣の王「グフッ!」

そしてまた乳首と耳を攻められ、力が抜けると再びパンチが!の繰り返し。

これは病みつきになりそうです(笑)。

痛いのか?気持ちいいのか?

2つの感覚を同居させるというのは何ともいえません!

ここでこれまた恒例の馬乗り顔面パンチタイム!

ビンタプレイはするものの顔面パンチは初めてという凛さん。

ここで逆に初めての方ゆえの打撃の恐ろしさを知りました(笑)。

殴った事のある方というのは、もちろん威力があったり、コツを心得てらっしゃるので、耐えるのが大変だったりします。

実際顔面パンチを容赦なく打たれている時なんて心から助けて欲しいと思いますからね(笑)。

凛さんの打撃はまさかの「鉄槌」でした。

上からガンガン鉄槌を振り下ろされ、今までとは違う痛みを感じます。

凛さん「おもしろ~い!」

更に軌道の全く読めない左右の連打が高速で飛んできます。

「ドンガスボンガスボカボカボカ!!!」

想像していたより痛かったです!

プレイも終盤にさしかかり、アナル臭攻め。

まずはビキニの上からお尻を押し付けられます。

凛さん「ほらちゃんと臭い嗅いで!深呼吸して!」

必死に嗅いでいるにも関わらず・・・

凛さん「ちゃんと嗅げないなら直接嗅がせるよ!」

と凛さんの美尻が露になり、直接消臭!

アナル独特の臭いをこれでもかと消臭させられます。

凛「掃除もしなさいよ!」と奉仕命令。

ほんのり苦甘い味を舌が感じ取ります。

そして最後再び目隠しをされ、

凛さん「ねえ喉かわいた?」

M獣の王「はいかわきました・・・」

そのとたんコップに勢いよく聖水が注がれる音が部屋中に響き渡ります。

「ジョ―――――――」

目隠ししたままコップに口をつけさせられ、どの位たくさん入ってるかもわからない聖水を一気に流し込まれます。

これまでも聖水はどんなに濃くてもどんなに多くても必ず完飲してきましたが、やはり口に含むと喉が拒否反応を起こします(笑)。

それを押し殺してゴクゴクと無理矢理聖水を飲み込まされる・・・何回やってもなかなかキツイです(^^;)

ここで時間終了。

部屋を片付け、着替えながらの雑談もとても楽しかったです!(^^)!

ではではまた次回!

Let`s M格闘! by M獣の王

twitter:@mjuunoou

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)