オオハシ★さんとのプレイレポート in ビザールクリニック

どうも!M格闘のメジャー化を図る男、M獣の王です!

本日は人生初の「くすぐりプレイ」に挑戦してきました。

先に言っておきましょう。

世の男性諸君!一度でいいからくすぐりプレイを受けてみる事をお勧めします。

間違いなく病みつきになる快感です( ゚Д゚)

昨日の事なのに、まだ身体に感触が残っています!

あまりの爽快さと快感の嵐に、このブログもあわやM格闘からくすぐり専門になりかねません(笑)。

今回訪れたのは「西日暮里ビザールクリニック」という回春のお店です。

指名させて頂いたのは、「オオハシ★キョセン」さん。

そして僕がオーダーしたプレイ内容は、「くすぐり拷問」です。

くすぐりは本当に素晴らしいです。Mであるなら絶対喜びます(笑)。

これまでM格闘を中心にバカスカ殴られ蹴られ屈服させられてきましたが、くすぐりというのは当然痛みなど無いのは周知の事実。

ただひたすらくすぐったいというだけで見事に屈服していまいます(笑)!

もし本気で抵抗して良いと言われても、くすぐられている時は何の抵抗も出来ません(笑)!

ではレポートに参ります!!

【体験レポ オオハシ★編】

夜の22時頃、日暮里に到着し、四点拘束希望者にお勧めと言われるホテル「エーゲ海」前で待ち合わせ。

初めての時は毎回どんな子が来るのかとワクワクします。

人通りの少ない場所なので、女性が歩いてきただけでわかりました!

会ってビックリ!とても可愛らしい若いお姉さんではありませんか!!

心の中で「よっしゃ!」と呟く(笑)。

そして恐ろしく狭いエレベーターに乗り、部屋に着いてからは、M獣の王恒例の雑談タイム!

着替えながらこれまでのプレイ経験など話します。

そしてプレイ開始してからは、まずはどこがくすぐったいのか調査です!

この時点でもうウットリ!

指使いがプロです。くすぐりを極めた女性だからできる独特のタッチ!

全身を這う指の感触に身体はビクン!ビクン!!と反応します。

絶対に他では味わえないでしょう。

全身のスキャンが終わった後、結論!

M獣の王はうつ伏せで「脇腹」「背中」「お尻」がとってもくすぐったい( ゚Д゚)

足は「足の甲」と「脛」でした。

しかしですね。くすぐったくない部分も独特の指のタッチでとにかく気持ちいい(‘ω’)ノ

恥ずかしがる余裕もなく声がもれます(笑)。

うつ伏せで両腕をロープで拘束され、オオハシ★さんが上から渾身のくすぐり。

オオハシ★「こちょこちょこちょこちょ・・・」

M獣の王「うひゃひゃひゃひゃひゃ!!」

オオハシ★「ツンツンツンツン・・・・」

M獣の王「ハウッ!」「ハウッ!」「ハウッ!」

オオハシ★さんのくすぐるテンポに合わせていやがおうにも声が出てしまいます(笑)。

そしてオオハシ★さん、スイッチが入るとクラッシックをかけ始めます。

何やらくすぐりのリズムに合う音楽があるとか・・・

音楽のテンポに合わせくすぐりの速度も変化。

「うひゃひゃ! ふおッ! うひゃひゃ! あーーーー!」みたいな(笑)。

途中M格闘のくせなのか、くすぐられながら

「うひゃひゃひゃひゃひゃ!危ない!うきゃきゃきゃきゃ!」

となぜか「危ない!」というフレーズが漏れ、オオハシ★さん大爆笑(笑)。

そして一番のハイライトは、オオハシ★さんから

「10数えて~!」

という指示。

くすぐられながら数を数えるのは本当に拷問(快感)です!

「1!ウキャキャ!2!うひゃひゃひゃ!3!あうーーー!・・・・・10!」

ぐったり(笑)(´Д`)

お勧め!とってもお勧めです!

その後も「くすぐり」⇒「休憩」⇒「くすぐり」⇒「休憩」

をひたすら繰り返し、叫びに叫んでプレイ終了!!

あまりにもくすぐったくて枕に顔をボスボスと叩きつけていたため、顔の皮がヒリヒリ(笑)。
くすぐりの激しさを物語ります!(^^)!

あ、そもそもホテルに到着した時隣の部屋から思いっきり声漏れてましたんで、こちらの声もきっと漏れてたんでしょう(笑)。

あれだけ叫んでたら相当の拷問を受けているように聞こえていたかもしれません(笑)。

レポートは以上になります(*^-^*)

率直な感想、「くすぐり」は日本が誇る快感の宝です。

あのプロ級のくすぐりタッチは、「国宝」に指定されても全くおかしくないと言えます。

M格闘と同時に「くすぐり」も世に広め、認知させていかなければと思いました!!

ではではまた次回!!

Twitterの方もよろしくお願いします。
@mjuunoou

Let`s M格闘!!& Let`sくすぐり!!

by M獣の王

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)